複数の画像を切り替えて表示するカルーセルパネルといえば、どんなサイトでも使われる定番の表現方法。ちょっと工夫して、CSSとJavaScriptで魅力的な3Dカルーセルを実装する方法を解説します。 Smashing Magazineの記事など、伝統的な2Dカルーセルの使い方についての記事はたくさんあります。「カルーセルを使うべきか」という問いに対して単純にイエスかノーでは答えられないでしょう。答えは…

Loading...

もともと単一サーバーでの利用を前提に開発されたDockerをクラスタ環境でも便利に使いたい。そんなときに便利なツールが「Kubernetes」です。基本的な使い方を紹介します。 コンテナ技術が使われるはじめてから何年かたちました。企業や開発者の多くがアプリを配布するのにコンテナを使っています。使いやすいインターフェイスでコンテナ技術を広めたのがDockerです。 1つのコンテナで済むアプリケーショ…

Loading...

LESSONS

今週公開した記事の中から、この週末に読んでおきたい注目記事をまとめて紹介。今週は、マテリアルデザインを実装するためのCSSフレームワーク6選、UXデザイナーが身につけたい5つの行動、WordPressサイトにAMPを実装する方法など、話題の記事を中心に8本をセレクト。平日は忙しくてチェックできなかった人も、休日にゆっくりまとめ読みしてみては? 【今週の一番人気】マテリアルデザインをサクッと実装でき…

Loading...

Reactのステート管理といえばReduxですが、React以外でも使えるライブラリーとして注目されているのが、MobXです。少ないコードですばやくアプリケーションを作成しましょう。 Reduxの不満点は、機能を実装するのに必要なボイラープレートのコード量の多さです。解決する方法にMobXがあります。MobXはReduxと同様の機能を持ちますが、記述するコードの量が少なくて済むライブラリーです。 …

Loading...

「ポカヨケ」を知っていますか? 製造業で使われるヒューマンエラーを防ぐ仕組みのことですが、プログラミングにも応用できる考え方です。PHP開発を例として具体的なポカヨケの手法を紹介します。 中規模または大規模なチームでコードベースを共有すると、お互いのコードや使い方を理解するのが大変です。解決策は、一連のコーディング規約にのっとることで相手が読みやすいコードを書くことや、全員が知っているフレームワー…

Loading...

フォーム送信前のバリデーション(検証)は欠かせませんが、あまりリッチな機能ではかえって使いにくくなることもあります。なるべくブラウザーの機能を使って、シンプルなバリデーション機能を実装する方法を解説します。 HTML5ではブラウザーベースのフォームバリデーションを実装するために、新しい属性がいくつか導入されました。たとえばpattern属性はtextarea要素やinputに対して有効な入力値を正…

Loading...

グーグルが推進しているモバイル向けの高速化技術「AMP」、もう対応しましたか? WordPressを利用しているサイトなら、意外なほど簡単に対応できます。 グーグルのAccelerated Mobile Pages(AMP、モバイル向け専用の高速ページ)プロジェクトは2016年2月24日に始まりました。何千もの開発者が参加者として名を連ね、無数のWebサイトがAMP版ページを用意して、多くの開発者…

Loading...

リアルタイムなAPIを作れるフレームワークFeathersとReactを使って、CRUDなWebアプリを開発する基礎を解説します。 モダンなプロジェクトでは、コードの再利用性を高めるため、フロントエンドとバックエンドでロジックを分けてコードを書くことが求められます。具体的な再利用の用途は、バックエンドAPIにアクセスするネイティブモバイルアプリを作る場合や、モジュール方式の大規模プラットホームにお…

Loading...

Webデザインにマテリアルデザインを簡単に取り入れられる、CSSフレームワークを6つ、紹介します。 グーグルが自社のデザインにマテリアルデザイン(Material Design)を導入したのは2014年のことです。以来、Gmail、Docs(Googleドキュメント)、Drive(Googleドライブ)など、マテリアルデザインは多くのグーグル製品に実装されました。マテリアルデザインはAndroid…

Loading...

JavaScriptでデータベースといえば非SQLだと思っていませんか? Node.jsのmysqlモジュールでMySQLを使う方法を解説します。 Node.jsアプリのバックエンドに適しているからか、非SQLのデータベースが話題ですが、流行っていて格好良いという理由だけで次のプロジェクトに採用するわけにはいきません。プロジェクトで要求されることに基づいてデータベース型を選ぶべきです。プロジェクト…

Loading...