まるでゲームのような豪華で楽しい3Dマップをブラウザー上に手軽に表示できるWebサービスAPIの登場です。現時点では日本地図は対応していませんが、とてもわくわくするサービスですね。 eegeo.jsは、人気の地図ライブラリーLeafletをベースにしたオープンソースの3DマップAPIです。 シンプルな2Dマップを埋め込んだり、作成したりできる地図ライブラリーはたくさんあります。特に有名なのはGoo…

Loading...

jQueryやWebpackなどの人気プロジェクトが参加して昨年10月に始まった、JS Foundation(JS財団)。そのキーパーソンへインタビュー。 Open Source Week 2016で『jQuery FoundationからJS Foundationへ 有力プロジェクトが結集』という記事を書きました。JS Foundationは、オープンソースのJavaScriptを発展させる中心…

Loading...

LESSONS

Flexboxを使えば要素の並び替えはとても簡単。そこで、カスタムデータ属性をうまく使って、Flexboxの内容でソートできるjQueryプラグインを考えて作ってみました。 この記事では、カスタムデータ属性の値をもとに要素をソートする簡単なjQueryプラグインの作成方法を順を追って説明していきます。 どのようなプラグインかは、CodePenのデモを参照してください。 注:この記事では、jQuer…

Loading...

デジタルサイネージにもAIを使う時代に!? 顔の特徴や感情に合わせて広告を出し分ける広告配信システム「Face Targeting AD(フェイスターゲティング・アド)」を博報堂と博報堂アイ・スタジオが開発しました。 Face Targeting ADはデジタルサイネージディスプレイを鏡に見立てて、鏡の前に立った人の顔に商品やサービスの広告を表示するシステム。カメラで捉えた映像から性別や年齢だけで…

Loading...

もともと紙に印刷することを目的に作られたフォントも、いまではWebやアプリなどさまざまなデザインで使われています。そのルーツを辿ってみましょう。 Webページなどデジタル環境の台頭に合わせ、今日のデザイナーはかつてないほど多くのデジタルツールを使ったタスクを抱えています。かつてはもっとも重要だと言われていたデジタルから印刷への仕事も、いまではたくさんあるタスクの1つに過ぎません。こうした変化はデザ…

Loading...

多彩なセレクターはjQueryの特徴の1つですが、DOMトラバースメソッドを使って絞り込む方法を身につければ、もっと効率よくコードが書けます。 DOMトラバースとは、Webページの要素を1つまたは複数選択し、選んだ要素と関係する別の要素へ移動できる技術です。最初に選択した要素に新たな要素を加えたり取り除いたりもできます。 本記事ではjQueryで使えるDOMトラバースメソッドを説明していくとともに…

Loading...

動きの早いフロントエンド界隈や他の言語の躍進の話題に押されて、いつまでも古い知識のままPHPで開発していませんか? 知識のアップデートに役立つ、最近のフレームワークの動向を、ちょっと辛口な現状分析とともに。 私が約1年前に書いた記事の続きを書くことにしたのは次の質問を受けたからです。 Q:PHP MVCフレームワークについて近況を教えてください。(2017/2/24) A:PHPのフレームワークと…

Loading...

「用意されたUIパーツが足りなかった」「運用中のUIのメンテナンスが困難」。Reactアプリの開発ならReact Stroybookで問題を解決できるかもしれません。 フロントエンドのプロジェクトを始めるとき、きれいなデザインを考えることから始めます。細心の注意を払って、UI部品とステートやエフェクトを考えて描いていくでしょう。しかし、開発の最中でも次々に変更が発生します。新たな要求、予測していな…

Loading...

複数のアプリやサービスをまたぐ作業をほとんど自動化してくれるのが、Zapier(ザピアー)。手作業でがんばっていた無駄な時間を削って、クリエイティブな仕事に集中しましょう。 ※本記事は2016年7月2日に掲載した記事の翻訳を一部更新したものです。執筆時点の情報をベースにしており、最新ではない可能性があります。 Zapierはお気に入りのアプリとサービスを橋渡しし、チームや個人の多くのワークフローを…

Loading...

広告運用チームとクリエイティブチームのマネジメントの担当者として、広告配信開始に向けてクライアントをヒアリングをしていると「CPAいくらにしよう…」「どれくらいの目標を立ててよいかわからない」と相談を受けることが少なくありません(いや、想像以上に多いというのが実感です)。その際に陥りがちなのが、 「競合他社は3000円なんで」 「とりあえず広告回してから様子を見ましょう」 といったような方法で決め…

Loading...