PHP

初期費用ゼロでAndroidスマホをLaravel開発環境にするお手軽な方法

2017/04/19

Claudio Ribeiro

49

Articles in this issue reproduced from SitePoint
Copyright © 2017, All rights reserved. SitePoint Pty Ltd. www.sitepoint.com. Translation copyright © 2017, KADOKAWA CorporationJapanese syndication rights arranged with SitePoint Pty Ltd, Collingwood, Victoria,Australia through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo

手持ちのAndroidスマホで出先からサクッとちょっとしたコードを書いてみたり、修正したり、できたら便利ですよね。実際に試してみました。

Christopher Pittの『もうMacはいらない? iPadだけでどこまでPHP開発ができるか試してみたら…』というすばらしい記事を読んで「Androidでも同じことをできるのでは」と考えました。これができれば、たとえば、移動中にコードを書いて編集できるので、ノートパソコンを持ち運ばなくてもよくなります。できるかどうか調べました。

Android Elephpant

この記事で書いていることは、すべての種類のAndroidデバイスで実行できます。私はスマートフォンで試しましたが、AndroidタブレットとBluetoothキーボードの組み合わせが理想的でしょう。

Androidのシェルアプリはいくつかありますが、この記事ではTermuxを使います。

Termux

Termuxには強力なターミナルエミュレーションと幅広いLinuxパッケージコレクションがあり、完全に無料で、使い方は簡単です。

Google Play ストアからTermuxをインストールし、apt updateコマンドを実行します。「アップデートを適用するために、このコマンドをインストール直後に一度、そのあとは定期的に実行してください」というドキュメントに従います。

さて、ここからが楽しいところです。apt listapt list --installedコマンドを説明します。apt listコマンドはTermuxで使えるすべてのパッケージを一覧で表示します。実行すると、多くのプログラミング言語、テキストエディター、zipやtarのような便利なユーティリティパッケージをサポートしていることが分かります。apt list --installedコマンドはインストールされているパッケージの一覧を表示します。実行すると、aptやbashのようなパッケージがプリインストールされていることが分かります。

Termuxを試す目的は、適切な(*proper)PHP開発環境を構築できるか確認することなので、テキストエディターをインストールします。私はVimが好きですが、EmacsやNanoも選べます。Vimはとっつきにくいものの、慣れればとても快適です。Vimはapt install vimコマンドでインストールできます。

*proper(適切な)の意味は文脈により異なります。AndroidスマホでMySQLは稼働していないのでE2Eテストのような複雑なテストケースは実行できませんが、十分に事足りるほかの用途があるでしょう。

Vimについて詳しくはすばらしい記事を読むか、インストール後にvimtutorとタイプして、インストールされている説明書を読んでください。

AndroidスマホでVimを実行するとき、Escapeボタンを押せないという最初の問題に突き当たります。TermuxにはAndroidのキーボードにはないキーを入力するためのショートカットがたくさん用意されています。

ショートカット 入力されるキー
Volume Up+E Escapeキー
Volume Up+T Tabキー
Volume Up+1 F1(Volume Up+2ならF2)
Volume Up+0 F10
Volume Up+B Alt+B、リードラインでは1文字戻る
Volume Up+F Alt+F、リードラインでは1文字進む
Volume Up+X Alt+X
Volume Up+W ↑(上矢印キー)
Volume Up+A ←(左矢印キー)
Volume Up+S ↓(下矢印キー)
Volume Up+D →(右矢印キー)
Volume Up+L |(パイプ文字)
Volume Up+U _(アンダースコア)
Volume Up+P Page Up
Volume Up+N Page Down
Volume Up+. Ctrl+\ (SIGQUIT)
Volume Up+V 音量調整を表示

これでエディターが使えるようになりました。続いて必要なパッケージをインストールします。具体的にはPHP、Git、Composerです。

apt install php
apt install git

最新のPHPとGitパッケージをインストールできます。

Packages-1

Composerはひと手間かかります。Composerダウンロードページにアクセスして、Command-line installationの手順に従います。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('SHA384', 'composer-setup.php') === '55d6ead61b29c7bdee5cccfb50076874187bd9f21f65d8991d46ec5cc90518f447387fb9f76ebae1fbbacf329e583e30') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

インストーラーがダウンロードされ、検証、実行後に削除されます。ここまで問題なくできたら、ComposerをTermuxから実行できるようになります。

Packages-2

必要なツールのインストールが終わったので、PHPを正しくインストールできているか確認します。サンプルとしてphpinfo()でテストするので、新しいフォルダーを作成してPHPのインストールを確認します。

mkdir test
cd test
echo "<?php phpinfo();" > index.php
php -S localhost:8080

新しいフォルダーが作成され、その中にphpinfo()コマンドでindex.phpファイルが作成されます。ここではファイルに直接echoしていますが、Vimを使うこともできます。最後にPHPサーバーでlocalhostに渡しています。ブラウザーでlocalhost:8080にアクセスすると、次のような内容が表示されます。

PHPInfo

Composerで依存項目を管理し、gitでバージョンをコントロールできるようになりました。シンプルなphpinfoのテストを終えて、続きを進めます。

AndroidデバイスにLaravelをインストールできるか?

LaravelをAndroidデバイスにインストールして実行するために必要なものは、現時点ですべてそろっています。次のコマンドを実行して、新しいLaravelプロジェクトを作成します。

php composer.phar create-project --prefer-dist laravel/laravel new_project

new_projectフォルダーに新たなLaravelプロジェクトが作成されます。--prefer-distオプションについてはここを読んでください。インストールには時間がかかるはずです。インストールが終われば、新たに作成したプロジェクトをLaravel自身のArtisanコマンドラインインターフェイスで実行できます。new_projectフォルダーで次のコマンドを実行します。

php artisan serve

ブラウザーでlocalhost:8000にアクセスすると、Laravelのホーム画面が表示されるはずです。

Home screen on mobile

成功です! Laravelのインストールが終わりました。コードを書いて実行するためのツールを無事にインストールできました。しかしデータを保存する方法なしでは開発環境は成り立ちません。

Androidデバイスにはメモリーとストレージの問題がつきものです。Termuxでデータを保存する方法としてはsqliteだけが用意されています。SQLiteはサーバーなしで動作するファイルベースのデータベースエンジンで、軽量で小量のデータを扱うのに向いています。詳しくは『Getting Started with SQLite3 – Basic Commands』、『SQLite 3 Beyond the Basics』を読んでください。

インストールします。

apt install sqlite

Laravelプロジェクトでsqliteを使う設定をします。プロジェクトのルートフォルダーに.envファイルがあります。環境設定ファイルで、このファイルを編集します。任意のエディターで次の行を編集します。

DB_CONNECTION=sqlite
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=homestead
DB_USERNAME=homestead
DB_PASSWORD=secret

BROADCAST_DRIVER=log
CACHE_DRIVER=file
SESSION_DRIVER=file
QUEUE_DRIVER=sync

config/database.phpファイルを開き、下の行を見つけます。

'default' => env('DB_CONNECTION', 'mysql'),

次のように変更します。

'default' => env('DB_CONNECTION', 'sqlite'),

sqliteconnections配列からのデフォルトの接続先になります。

'connections' => [
        'sqlite' => [
            'driver' => 'sqlite',
            'database' => env('DB_DATABASE', database_path('database.sqlite')),
            'prefix' => '',
        ],
        'mysql' => [
            'driver' => 'mysql',
            'host' => env('DB_HOST', '127.0.0.1'),
            'port' => env('DB_PORT', '3306'),
            'database' => env('DB_DATABASE', 'forge'),
            'username' => env('DB_USERNAME', 'forge'),
            'password' => env('DB_PASSWORD', ''),
            'charset' => 'utf8mb4',
            'collation' => 'utf8mb4_unicode_ci',
            'prefix' => '',
            'strict' => true,
            'engine' => null,
        ],
        'pgsql' => [
            'driver' => 'pgsql',
            'host' => env('DB_HOST', '127.0.0.1'),
            'port' => env('DB_PORT', '5432'),
            'database' => env('DB_DATABASE', 'forge'),
            'username' => env('DB_USERNAME', 'forge'),
            'password' => env('DB_PASSWORD', ''),
            'charset' => 'utf8',
            'prefix' => '',
            'schema' => 'public',
            'sslmode' => 'prefer',
        ],
    ],

データベースのパスはdatabase.sqliteファイルを指しています。このファイルはまだ存在しないので、作成する必要があります。

touch database/database.sqlite

LaravelでSQLiteを使う設定が完了し、テストの準備ができました。Laravelのビルド済みの認証システムを使います。次のコマンドを実行して、scaffoldを作成します。

php artisan make:auth

続いてmigrateを実行し、データベースのスキーマを構築します。userspassword_resetのテーブルが作成されます。

php artisan migrate

再度、php artisan serveを実行すると、REGISTERとLOGINのオプションが表示されます。認証CRUDが正常に作成されました!

Home screen with register option

最後に

私は、説明してきたことをAndroidスマホで実行しました。このようにセットアップをしておけば、小型のデバイスで開発するためのツールがすべて揃うので、ノートパソコンを持ち運ぶ必要なく、いつでもちょっとした開発を始められます。

生産性は高くはないものの、急ぎでなにかを修正したいときやAndroidデバイスでどこまでPHPのパフォーマンスを引き出せるのか確かめたいときに、手軽に活用できます。

(原文:The Android Elephpant – Laravel on your Android Phone?

[翻訳:内藤夏樹/編集:Livit

Copyright © 2017, Claudio Ribeiro All Rights Reserved.

Claudio Ribeiro

Claudio Ribeiro

リスボン在住のソフトウェア開発者で、旅行者、ライターでもあります。Fixeadsで開発に取り組むほか、バックパックを背負って世界のどこかにいるか、複雑すぎて理解できないようなフレームワークをいじっています。

Loading...