Twitterがいつの間にか超絶進化!新ダッシュボードで企業アカウント運用が捗る

2016/08/18

Maria Lopez

0

Articles in this issue reproduced from SitePoint
Copyright © 2016, All rights reserved. SitePoint Pty Ltd. www.sitepoint.com. Translation copyright © 2016, KADOKAWA CorporationJapanese syndication rights arranged with SitePoint Pty Ltd, Collingwood, Victoria,Australia through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo

Twitterが6月末にリリースした新しいダッシュボード、もう使っていますか? 投稿日時を指定する予約投稿や、自社に関連したツイートを自動表示する機能など、企業アカウントの運用が捗る機能が盛りだくさんです。

本記事はWooRankのSEOシリーズの1つです。SitePointでの記事公開に協力してくれたパートナーへのサポートに感謝します。

ソーシャルメディアマーケティングは比較的新しいものの、急速に成長し価値あるマーケティングチャネルになっています。多くのオーディエンスを抱え、アメリカの成人の65%(2005年はたったの7%)、アメリカのインターネットユーザーの75%がソーシャルネットワークを使用しています。さらに重要なこととして、ソーシャルメディアの使用は教育水準と世帯収入に相関関係があります。

しかしながら、マーケティング活動での効果を最大化するには、ソーシャルにおける活動経過の測定と追跡が必要です。マーケターの分析を簡単にし、企業がフォロワーとエンゲージメントを増やせるように、Twitterは新しい分析用ダッシュボードを発表し、アナリティクスの機能を充実させました。今回は、Twitterの新しいダッシュボードの機能やセットアップの方法、アナリティクスプラットフォームでチェックすべき重要な数値を紹介します。

まずは用語をチェックしよう

新しいダッシュボードで使われている用語の解説から始めます。ソーシャルメディアマーケターの経験があれば、ほとんどの用語になじみがあるかもしれませんが、ここから確認していきましょう。

  • アプリインストールトライ:Twitterカードからアプリをインストールするためにクリックした回数
  • アプリ表示:Twitterカードからアプリを開くためにクリックした回数
  • 詳細のクリック数:詳細メニューを見るためにツイートをクリックしたユーザー数
  • 埋め込みメディアのクリック数:ツイート内の画像や動画を表示するためにクリックしたユーザー数
  • エンゲージメント:ツイートのリツイートや返信、フォロー、いいね、リンク、カード、ハッシュタグ、埋め込み画像やビデオ、ユーザー名、プロフィール画像、ツイートの詳細表示などをクリックしたユーザー総数
  • エンゲージメント率:ツイートごとの平均的なエンゲージメント数
  • いいね:ツイートが受け取ったいいねの総数
  • フォロー:ツイートから直接フォローした総数
  • ハッシュタグのクリック数:ツイート内のハッシュタグをクリックした総数
  • インプレッション:あなたのツイートを見たTwitterユーザーの総数
  • 送信されたリード数: リードジェネレーションカードからユーザーが情報を送信した総数
  • リンクのクリック数:ツイート内のURLリンクをクリックした総数
  • 固定リンクのクリック数:ツイートの固定リンクをクリックしたユーザーの総数(注意:デスクトップユーザーのみ使用可能)
  • 返信:ユーザーがあなたのツイートに返信した総数
  • リツイート:ユーザーがあなたのツイートをリツイートした総数
  • メールで共有:あなたのツイートをメールで送信したユーザーの総数
  • プロフィールのクリック数:あなたのツイート内の@ユーザー名、またはプロフィール画像をクリックしたユーザーの総数

新しいダッシュボード

カスタムフィード

Twitterには月間3億1,000万のアクティブユーザーがいて、FacebookやGoogle+と並びSNSの「ビックスリー」を形成しています。マーケターにとって、Twitterはあらゆる人とのコミュニケーションツールであり、ターゲットとなるオーディエンスに到達するための便利なチャネルです。

企業がオーディエンスとつながり、交流を持つ手助けをするために、Twitterはダッシュボードアナリティクスツールを公開しました。ダッシュボードでは、1カ所に重要なエンゲージメントデータを集約してくれるので、マーケターは全体のキーパフォーマンスを見て個々のツイートの価値を深く調べられます。

カスタムフィードは、すぐに使える機能の1つです。ダッシュボードへ初回アクセスする際にセットアップします。もし、あなたの会社やブランドに対して人々が話していることをメンションだけで追跡しているなら、あなたはお客さまとのコミュニケーションの大部分を見失っていることになるでしょう。Twitterのカスタムフィードを使うと、自身のキーワードやフレーズが話題になったどんなツイートでも探し出すため、会社や製品に関するお客さまのツイートを完璧かつ正確に掴めます。

カスタムフィードをセッティングするとき、Twitterは自動的に自分の名前と@ユーザーネームを検索条件として取り込みます。さらにポジティブまたはネガティブな検索キーワードを追加したり、あるいは削除したりもできます。どんな単語やフレーズ、関連性のあるハッシュタグでも追加・削除できます。

Twitter Dashboard custom feed

ホームスクリーンのAbout Youのタブで、カスタムフィードのキーワードはいつでも戻したり変更したりできます。

ツイートを予約

Twitterは世界にまたがるプラットフォームであり、ユーザーは様々なタイムゾーンで生活をしています。1カ所の都市や地域をターゲットにしたローカルビジネスでも、ツイートを送信する適切な時間を見つけ、オーディエンスのもとにメッセージを表示させるのは難しいことです(送信時間帯については後述)。その時間帯が、自分の仕事をしている時間内だとは限りません。ところがTwitterダッシュボードがあれば、ツイートを作成し、マーケティング計画に応じて最適な日時で投稿を予約できます。

ツイートを予約するときもいつものように、Createタブをクリックしてからツイートを入力してください。次に下矢印をクリックして、Schedule Tweetを選ぶと予約に入ります。予約中のツイートでEditをクリックすると、公開前の編集や削除ができます。

Schedule Tweet feature

ダッシュボードのiOSアプリでも、ツイートを作成し、nextをクリック、Schedule Tweetを選択して、ツイートを予約できます(編注:8月18日現在、日本ではiOSアプリはリリースされていない)。

ツイートの内容が思いつかず苦戦している人には、ダッシュボードがヒントやトピックを提案し、ターゲットオーディエンスと企業が対話できるように後押ししてくれます。

Twitterアナリティクス:情報の利用方法

ダッシュボードでデータ確認

新しいTwitterダッシュボードでは、ユーザーは最大60日分の重要な数値を閲覧できるようになりました。表示されるデータは、ツイートやメディアツイート、返信、オーディエンスの数、新しいフォロワー、プロフィールへの訪問者、ツイートインプレッションなどがあります。全体のパフォーマンスを確認するのに有益な情報です。

Dashboard Analytics tab

Tweetsのタブで各投稿の実績を見られます。直近のツイートの統計を確認したり、最近のフォロワーのリストを入手したりする機能です。Twitterアクティビティでのオーディエンスへのリーチやエンゲージメントをチェックするときに、役立つ情報になります。

Dashboard Tweets analytics

これらは、Twitterのマーケティング計画をまとめるときに有益なものです。最近のツイートから、全体のインプレッションやリツイート、いいねが多い傾向にあるタイプや、最大のエンゲージメント率(インプレッションごとの全エンゲージメント数)を獲得しているツイートを見ます。最近のエンゲージメント数から、ポテンシャルトレンドを発見したり、ある特定のツイートがある種のエンゲージメントを動かしているか確認します。

Twitterアナリティクスの使用

ビジネス用の詳細なTwitterデータを見るには、Twitterアナリティクスのプラットフォームを使います。ツイートタブでは、オーディエンスとエンゲージメントを動かす詳しい方法が分かります。いいねや返信、リツイートの数を見られるダッシュボードの部分では、アナリティクスが全エンゲージメントを数値化します(残念なことにデータをCSVにエクスポートして、エンゲージメントタイプ別に分けないといけませんが)。全エンゲージメントごとにツイートが分類されているか、トップツイートを確認してください。

個別のツイートをクリックするとエンゲージメントの詳細が見られます。

Twitter Tweet Analytics

データをCSVにエクスポートすると、フィルターやソート、さらにデータを有用な区分(送信時間帯のエンゲージメントやエンゲージメント率など)に分けることもできます。

フォロワーに合わせる

オーディエンスを知ることはビジネスにおいて重要です。オーディエンスが誰か、そして彼らの好きなものを知らなければ、エンゲージメントを最大化する適切なツイートは作成できません。Twitterオーディエンスインサイトタブでは、実用的なオーディエンスデータのすべてを提供しています。この情報をもとにして、ユーザーの興味を引き付けるようにTwitterのコンテンツを調整してください。(私たちのTwitterのように)テクノロジーに興味のあるフォロワーばかりならば、音楽や車のツイートにはほとんど反応しないはずです。

Followers' Top Interests

オーディエンスの好きなメディアを特筆し、興味に特化したツイートをしても結果が出ないときは、デモグラフィックスデータをチェックしてみてください。フォロワーが住んでいる場所を確認できます。これでフォロワーが眠っている時間帯や馴染みのない言語で投稿することはなくなりますね。

消費者に製品やサービスを販売している場合、フォロワーの世帯収入や純資産もここで確認できます。フォロワーの財産が多ければ、Twitterでプレミアムオファーを宣伝してみませんか。

Twitter analytics demographics

まとめ

Twitterはオンラインマーケティングの手段のうち重要なパートを担っています。正しい方法で使えば、強力なチャネルとして潜在的なお客さまを引き寄せたり、アクセス数を増やしたり、ブランドを管理できたりします。多くの時間が割かれるものの、圧倒的なパワーを秘めているのです。

Twitterアナリティクスプラットフォームや新しいダッシュボードで提供されるデータを使うと、マーケターは詳細まで分析ができ、なにが効果を生んでいるか分かります。Twitterでお客さまが話題にしていることを確認して、分析データをもとにビジネスのエンゲージメントとアクセス数を高めてください。

(原文:Boosting Engagement with Twitter Dashboard & Analytics

[翻訳:中野汐里]
[編集:Livit

Copyright © 2016, Maria Lopez All Rights Reserved.

Maria Lopez

Maria Lopez

WooRankのデジタルマーケティングの専門家。イベント運営に加え戦略的マーケティング、ブランドおよびコーポレートコミュニケーションの分野に8年以上携わっている。

Loading...