世界のブラウザーシェアに大異変!デスクトップとモバイルがついに逆転

2016/12/28

Craig Buckler

0

Articles in this issue reproduced from SitePoint
Copyright © 2016, All rights reserved. SitePoint Pty Ltd. www.sitepoint.com. Translation copyright © 2016, KADOKAWA CorporationJapanese syndication rights arranged with SitePoint Pty Ltd, Collingwood, Victoria,Australia through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo

何年も前から言われていたことがついに現実になりました。StatCounterによる世界のブラウザー定点観測の最新調査で、デスクトップとモバイルの利用率がついに逆転したのです。

2016年11月に『Operaが地味にシェア拡大中、世界のブラウザートレンドはどうなっている?』と題して、「負け組」ブラウザーのまとめ記事を書きました。しかし、StatCounterがまとめた2016年12月のブラウザー利用率の統計では、Webの歴史上でさらに興味深い転換点が明らかになっています。

Mobile overtakes desktop, November 2016

2016年10〜11月、世界のPC+タブレットブラウザーの統計

次の表は、2016年11月のブラウザー利用率の動きを整理したものです。

ブラウザー 10月 11月 シェア増減 前月比
Chrome 59.39% 59.22% -0.17% -0.30%
Firefox 13.28% 13.49% +0.21% +1.60%
IE11 6.95% 6.98% +0.03% +0.40%
oldIE 1.94% 1.81% -0.13% -6.70%
Edge 2.82% 2.93% +0.11% +3.90%
Safari 4.79% 4.69% -0.10% -2.10%
iPad Safari 5.42% 5.68% +0.26% +4.80%
Opera 1.72% 1.91% +0.19% +11.00%
その他のブラウザー 3.50% 3.38% -0.12% -3.40%

2015年11月〜2016年11月、世界のPC+タブレットブラウザーの統計

下の表では、過去12カ月間のブラウザー利用率の動きを整理しました。

ブラウザー 2015年11月 2016年11月 シェア増減 前年比
Chrome 54.27% 59.22% +4.95% +9.10%
Firefox 14.70% 13.49% -1.21% -8.20%
IE11 10.40% 6.98% -3.42% -32.90%
oldIE 5.05% 1.81% -3.24% -64.20%
Edge 1.21% 2.93% +1.72% +142.10%
Safari 9.34% 10.37% +1.03% +11.00%
Opera 1.77% 1.82% +0.05% +2.80%
その他のブラウザー 3.26% 3.38% +0.12% +3.70%

上の2つの表は、デスクトップブラウザーのマーケットシェアに関するものです。

シェア増減」は、マーケットシェアでの絶対的な増加・減少分を表しています。

前月比」「前年比」は変化の割合を示しています。たとえば、oldIEの場合、先月にユーザーの6.7 %がほかのブラウザーに乗り換えたということです。データ分析をする際に気をつけたい点もあるので、先に『How Browser Market Share is Calculated』を読んでおくことをおすすめします。

Chromeの利用率は微妙に落ちています。これは個人的にはひそかにうれしいデータとなりました。というのは、グーグルのブラウザーChromeの利用率が、2016年に60%を超えることはないだろうと予想していたからです。とはいえ、マイナス0.17%はそこまでひどい落下ではありませんので、私の予測も少々意地の悪いものだったかもしれません。むしろ来月、すべての人がChromeに乗り換えてしまっても不思議はありません。

Chrome利用率に低下がみられたということは、ほかのブラウザーにとっては朗報です。Firefox、Edge、IE11でさえ利用率が上がっているのです。しかし、伸びたと言ってもその変化はびっくりするようなものではありません。それよりも、モバイルブラウザーに関してもっとおもしろいニュースがあるので、デスクトップ版は脇に置き、そちらを説明しましょう。

2016年11月、モバイルブラウザーはどれだけ使われているのか

11月、世界のモバイルブラウザーの利用率はなんと1.78%も増加しました。いままでデスクトップ版・モバイル版で半々だった状況が一変し、モバイルブラウザーの利用はいまではすべてのWeb活動の50.62%を占めています。Webの世界が始まって以来、モバイルブラウザーの使用がはじめてデスクトップ版を超えたのです。

10月のブラウザー利用率をレポートしていたサイトや、特定の日にモバイルブラウザーの使用がデスクトップ版を追い越したサイトもありましたが、2016年10月の携帯電話でのモバイルブラウザー使用率は50%を下回りました。

11月のモバイルブラウザーの利用率「50.62%」は、まさに待ちに待った瞬間でした。「モバイルブラウザーの利用率がデスクトップ版を超える」という予測は少なくとも10年前に始まったものですが、実際にこの日を迎えるには予想以上の時間がかかりました。それは次のような理由によるものと思われています。

  • モバイル端末ではリアルな作業が難しい:しかし、PC革命が起こらなかったアジア・アフリカ地域では急速な伸びを見せている。何百万人もの人が、スマートフォンで欧米社会では面倒とされている仕事や取り引きをしている。一方、欧米では年齢や懐具合とは関係なく、マイクロペイメントや簡易取り引きにはまだまだ慣れが必要
  • モバイルのネットワークが遅いうえに不安定で、しかも高額な国が多数派:ネットサーフィンをしていたらモバイル接続が切れた、ということは多々ある。未来のテクノロジーに期待をしたいが、高速で安定性があり、加えて安価なネットワークというのは基本的に夢物語でしかない
  • Webの世界は、基本的にデスクトップを想定して始められた:この状況はレスポンシブWebデザインやプログレッシブWebアプリの誕生もあり進展しているが、モバイル端末では開けない、または使えないという旧態依然としたWebサイトもたくさんあるのが現状

このような「モバイル産業の爆発的成長」が開発方法を変えるのでしょうか。SitePointの記事を読んだり業界傾向を観察したりしていれば、そのようなことはありません。というのは、そういう人はすでにモバイルに対するの意識ができているからです。ありがたいことに、モバイルプラットホームの成長を信じず、ビジネスに影響を与えるとは思っていないクライアントや上司たちにとって、警鐘となる可能性が大です。「どうしたらスマートフォンでのUXの質を上げられるか」という議論が間もなく勃発するので、準備しておかなければなりません。

技術的な観点からすれば、モバイルからアプローチしていくことをおすすめします。

  1. Webサイトやアプリを、デスクトップスクリーンより小さく狭いスクリーンでも機能させる
  2. メディアクエリを使用し、スクリーンサイズの拡大に合わせてレイアウトも強化する
  3. シンプルで実用的になるように心がける。ある機能をモバイルスクリーンに合わないという理由で削除するのなら、デスクトップ版でも必要かどうか考える

今月の人気モバイルブラウザーアプリは次のようになりました。

モバイルブラウザー 10月 11月 シェア増減 前月比
Chrome 40.64% 43.22% +2.58% +6.30%
iPhone 16.69% 17.43% +0.74% +4.40%
UC Browser 17.90% 16.73% -1.17% -6.50%
Opera Mini/Mobile 8.64% 8.38% -0.26% -3.00%
Samsung Internet 6.52% 6.39% -0.13% -2.00%
Android 5.83% 5.28% -0.55% -9.40%
IEMobile 1.13% 1.02% -0.11% -9.70%
その他のブラウザー 2.65% 1.55% -1.10% -41.50%

Chromeの勢いが、まるでほかのブラウザーを犠牲にしているかのように(特にAndroid Mobileに取って代わるかのような勢いで)急速に伸びています。個人的にはChromeをデフォルトのデスクトップブラウザーとして使うことはないものの、モバイル版なら喜んでおすすめできます。ただ、ほかのもっと良いモバイルブラウザーを探してもいます。

SafariとUC BrowserのiPhone版も競合を続けています。UC Browserは、悲願の第2位という地位を手にしてから1カ月、その地位を再び手放すことになりました。しかし、モバイル端末の利用が増えたことで、人びとがもっと質の高いスマートフォンアプリを探し始めたのも事実です。アップルに、SafariとモバイルWebアプリの開発を注視しなかったことのツケ(収益低下)が予想よりも早く来ると注意したいくらいです。

一番失敗しているのは「その他のブラウザー」グループです。40%以上ものユーザーが大手ブラウザーに逃げてしまっています。統計によくある一時的な数値なのかもしれませんし、私が11月に執筆した『Operaが地味にシェア拡大中、世界のブラウザートレンドはどうなっている?』が役に立たなかった可能性もあります。

(原文:Browser Trends December 2016: Mobile Overtakes Desktop

[翻訳:加藤由佳/編集:Livit

Copyright © 2016, Craig Buckler All Rights Reserved.

Craig Buckler

Craig Buckler

1995年に処女作としてIE2.0でページを作ったイギリス人のフリーランスWebコンサルタントです。以来、スタンダード、アクセシビリティとHTML5のテクニックの伝道者として活躍し、SitePointでは1000以上の記事を書いています。ツイッターのアカウントは@craigbuckler。

Loading...