「ポケモンGOみたいなアプリ作って」→いくらなら作れる?

2016/08/04

WPJ編集部

FREE
0

「古くはセカイカメラ、最近でいえばポケモンGOが話題となっていますが、同じような仕組みで「肝試しの補助アプリ」の制作をお願いします。」

そんな案件が先月、クラウドソーシングサービスのランサーズに登録され、ちょっとした話題になっていました。

xscn01

同じく、クラウドソーシングのクラウドワークスで「ポケモンGO」と検索してみると、ちょっとしたおこづかい稼ぎになりそうな「体験談の執筆」から、本格的な攻略記事の作成、レベル上げ代行、ミニリュウの出現場所の報告など、360件ものお仕事が!(2016年8月2日現在)

xscn02

さすがに「ポケモンGOみたいなアプリ」の案件はほかにはありませんが、ポケモン出現マップの開発など、このビッグウェーブに乗るしかない! という開発案件も。

ちなみに、冒頭の案件は予算5万円〜10万円で、すでに募集終了、開発会社が2社が提案していました。スマホゲームアプリの開発は、安くて数百万円、億単位かかることも珍しくないとのことですが、「『ポケモンGO』みたいなアプリ作りたいんだけど」とクライアントに言われたら、あなたなら「いくらで」「どうやって」作りますか?

Twitterでアンケートをやっています。ぜひ、ハッシュタグ #PokemonGoFoo を付けて、自分だったらこう作るよ! と教えてください!

※要件は、元の案件と同じく、iPhoneアプリのみ、デザインはクライアント支給、キャラクターを配置する場所を編集できる管理者向け機能あり、とします。


!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+"://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");

Image:Ivan_Sabo / Shutterstock.com

WPJ編集部

WPJ編集部

Loading...