Sketchでアニメーションを作成できるプラグイン「Timeline for Sketch」がリリースされました。使い物になるのか? 実際に体験してみました。 先日リリースされたTimeline for Sketchとは、Sketch上でアニメーションを作成できるというプラグインです。Sketchでアニメーションが作成できるということで、リリース前からデザイナーの間では注目を集めていましたが、実際…

Loading...

サイト全体の統一感やクオリティの底上げへと繋がるスタイルガイド。まだ作ったことがない方に、スタイルガイドのメリットと考え方、サンプルを紹介します。 デザイナーの方は経験がないでしょうか? 案件のサイト制作が進むにつれて「あれ、パーツにばらつきがあるな…」「この動きじゃないのに…」「もっと早くエンジニアに伝えていれば…」ページが出揃いだしてから微妙な差異に気付いたり、納期直前で指摘しづらくなってしま…

Loading...

ここ数年のWebデザインのトレンドとしてすっかり定着した「ミニマリズム」。2018年はそろそろ次のトレンドが訪れるのでしょうか? 変化の兆しは少しずつ現れているようです。 ミニマリズムはWebデザインにおいてとても人気のデザイン手法ですが、近年のトレンドを見ていると、「オリジナリティ」がより重要な要素になりつつあるように感じられます。 オリジナリティの溢れるデザインというのは、サイトに訪れる人に愛…

Loading...

人気のUIデザインツール「Sketch」で作ったデザインを静的なHTML/CSSに展開できる便利なプラグイン。レスポンシブWebデザインにも対応できる「Launchpad」はかなりおすすめです! Animaは便利なSketchのプラグインを2つ作っています。Auto Layoutは、Sketchでレスポンシブなレイアウトを作るのに使い、Launchpadは出来上がったレスポンシブなデザインを、ほぼ…

Loading...

コードを書いてインタラクティブなプロトタイプが作成できる「Framer」がUIデザインツールに進化しました。Sketchユーザーなら直感的に使えそうです。 Framerは元々コードベースで動作するプロトタイピングツールでしたが、最近のアップデートによってデザイン作成機能も追加されました。デザインツールとしての使い心地はもちろん、作成したデザインからあっという間にプロトタイプが作成できるようになった…

Loading...

よくある画像をアイキャッチやメインビジュアルで使うと、読んだことがある記事だと思われてしまいます。画像を選ぶ際覚えておくべきこと、画像の選び方、オススメのフリー素材サイトを紹介します。 Web担当者の皆様は、サイト掲載用の記事を作成する際、ちょっとした記事内画像を自身で作成する機会も多いのではないでしょうか。そんなときに便利なのが、フリー素材の画像です。 今回はフリー素材を使用する上で知っておかな…

Loading...

人気のプロトタイピングツール「InVision」がますます進化しています。最近のアップデートで追加された機能「Inspect」も紹介します。 プロトタイピングツールは、実際にWeb制作を行う前にモックを作成し、完成形をイメージしやすくするためには欠かせないツールです。 今回は、プロトタイピングツールとして世界で大きなシェアを誇る「InVision」を紹介します。 InVisionとは InVisi…

Loading...

ついつい見た目を優先してしまった結果、ユーザビリティがおろそかになってしまった経験はありませんか? 常に頭の片隅に入れておきたい、Webサイトを使いやすくする3つのTipsを紹介します。 アドビによると、コンテンツを15分間閲覧したときに、ユーザーの3分の2は地味なものよりも視覚的に魅力的なものに目を奪われているそうです。ユーザーは同時に、5秒以内にサイトが表示されることも望んでいます。デザイナー…

Loading...

ユーザーの目線でWebサイトを作ることは基本中の基本ですが、グローバルサイトを担当することになったら日本の常識を捨てて現地の状況を理解する必要があります。 アプリやWebサイトをより良く、より速く、よりアクセシブルにする手助けが私の仕事です。CalibreでWebを構築したり、メンテしたりする際にぶつかる課題について、知見が集まりました。 この1年で本当に驚いたことは、一般のユーザーがどうインター…

Loading...

Amazonのすごさは圧倒的な品揃えとスピードだけではありません。ECサイトのUXデザインを考える上で参考にしたい、基本的な手法を紹介します。 Amazonのビジュアルデザインが劣悪で時代遅れだと、多くのデザイナーやUXエキスパートが同意するでしょう。それなのにAmazonからUXを学ぶ記事に違和感を抱く人もいるかもしれませんが、まずは読んでください。 Amazonのビジュアルデザインに改善の余地…

Loading...