CSSの調整、フォントの調査、画像の作成など、Webデザイナーの作業効率をアップさせるChromeの拡張機能を紹介します。 Webデザイナーなら自分なりの仕事のやり方があると思います。コードを書きながらブラウザー上で直接デザインしている人、ブラウザーは実装テストの時にだけ使う人、どんな人でもWebデザイナー向けのChrome拡張機能を使えば普段の作業が見違えるほど簡単になります。私は一番煩わしいと…

Loading...

優れたデザイナーは他のデザイナーとどこが違うのでしょうか。UXデザイナーとして成功したいなら押さえておきたい、5つの行動を紹介します。 UXデザイナーの需要は増え続けています。General AssemblyはUXデザインは2020年にもっとも有望な仕事の1つになると予測していますが、需要が増加すれば供給も増加します。この記事では、競争に勝つために優れたデザイナーの特徴を5つ紹介します。 UXデザ…

Loading...

アンパサンド(&記号)やダッシュ(―記号)など、英文でよく使う記号。英文サイトで誤った使い方をしてしまうと恥をかくだけでなく、読みづらくなってしまいます。正しい使い方をマスターしましょう。 句読点記号や文法は、読みやすさに直結します。ユーザーエクスペリエンスの最適化に読みやすさは欠かせません。たった1つの句読点記号でも、配置次第で、納得できる文章にも、意味が分からないものにもなります。 W…

Loading...

SVGといえばシンプルな線画やアイコンを表示するもの、と思っていませんか? 木版画ふうのイラストをSVGで作成する方法を紹介します。 この絵は、「木版画界のアンディ・ウォーホール」とも言えるアルブレヒト・デューラーによる500年前の木版画の一部です。木版画は古い印刷技術で、専門の彫師がイメージを木版に手彫りで刻み、木版から画を写します。 デューラー(ニッケルバックのメンバーに見えるって? 違います…

Loading...

CSSでは難しい背景が作れるSVGパターン。具体的な作成方法、おすすめの生成ツールを紹介します。 SVGによる背景パターンを解説します。まだ広まっていませんが、優れたデザインが多く、選択肢が増えます。SVGパターンの仕組みを解説し、活かすための6つのツールを紹介します。 ツールが持つ機能と、パターンを知識と組み合わせれば、新しいデザインの扉が開けるはずです。 SVGパターンの仕組みとは 時代を問わ…

Loading...

SVGをWeb制作で使うために、ブラウザーに最適化されたSVGファイルの作成、書き出し、最適化の方法をマスターしましょう。 SVGの勉強を始める前に理解したいことがあります。SVGファイルの最適化は、作成から書き出しまで続く工程です。WebページのHTMLと同様、不出来なSVGファイルを完成後に修正するのは大変です。 書き出してから使える最適化ツールもありますが、想定外のことが起こってファイルが壊…

Loading...

使い勝手に関わる、Webサイトの色使い。なんとなく適当に決めていませんか? アクセシビリティにも考慮した色選びのコツを解説します。 「色」は生活に欠かません。色で物の違いを判別し、信号を把握し、ツールを正しく使っています。 さらに、色は人間の認知や気分にも多大な影響を与えます。色の感じ方の違いや、気分、感情に与える影響をまとめた短い研究論文にこんな実験結果が掲載されています。黒と緑の文字で「この箱…

Loading...

Facebook、Twitterなどソーシャルネットワーキングサービスで利用されているフォントとキーカラーをまとめました。 ソーシャルネットワークで利用されているブランドアセットを揃えておくと、デザインに正しく取り入れることができて便利です。FacebookやTwitter、Google+などの人気のソーシャルネットワークに使用されているフォントや色を押さえることで、ソーシャルログインボタンやアイ…

Loading...

デザイナーならおなじみのSNS「Dribbble」でいま注目のデザイナー12名を厳選して紹介。 Webデザイナー、モバイルアプリデザイナー、グラフィックデザイナーを問わず、デザイナーならDribbbleはもうご存知でしょう。クリエイティブなアーティストが集まるソーシャルネットワークで、湧き出すインスピレーションの源泉です。さらに、優秀なDribbbleデザイナーが無料でデザインリソースを提供してい…

Loading...

ストレスのないUXを実現するためには、いつもデザインしている「目に見えるUI」から一度離れて考えてみるといいかもしれません。 「見えないUI」は、2017年に入ってから注目を集めているデザイントレンドで、UIをパーソナライズするのと並んで重要とみなされています。ビジュアルトレンドはすぐに廃れてしまいますが、見えないUIは根強く残るコンセプトです。 「見えないのにユーザーとどうやって対話するのですか…

Loading...