楽天やAmazonがしつこくメールマガジンを送信してくることからも分かるとおり、メールはいまでも使えるマーケティング施策。ただし、漫然と送っていても効果はありません。効果を高める6つのコツとは? Direct Marketing Associationによると、メールによるマーケティングに1ドル費やすごとに38ドルのROIが期待できるそうです。また、メールの効果はMonetateのデータにも裏付け…

Loading...

筆者は主にアプリのプロモーション営業をメインに担当していますが、効果を改善するにあたって改善幅が大きいのは「クリエイティブ」であるということを最近実感するケースが多いです。その中でも特に「Twitter」という媒体は、クリエイティブにひと工夫するだけで劇的に獲得効率が良くなるため注目しています。 では、なぜTwitter広告はクリエイティブに工夫をするだけで効果が良くなるのか。それは、Twitte…

Loading...

アプリが完成したらなるべくすぐに公開したくなるもの。でもその前に、マーケティングの準備はできていますか? コーディング完了、テスト完了。これで、モバイルアプリをアプリストアにローンチする準備ができました。非常にシンプルですが、アプリのローンチを成功させる上でコーディング完了からアプリのアップロードにかけての工程が非常に重要です。まさにこの工程こそ多くのスタートアップが重大なミスを犯してしまうところ…

Loading...

2016年話題になったキュレーションサイト問題は、いまだSEOによって順位を上げることが可能だと証明してしまいました。ブラックハットな手法や過度なSEOは迷惑そのものですが、コンテンツをユーザーに届ける手段としてのSEOもまったく必要ないのでしょうか? リンク構築はまだ重要か? Googleオリジナルのランキングアルゴリズムにおいて、被リンクは常にランキングを決める重要な指標になってきました。リン…

Loading...

マーケティングオートメーションやレスポンシブ Eメールの登場などで再び注目されている、メールマーケティング。海外ではMailChimpのような安価な配信サービスが人気ですが、オープンソースのphpListも追い上げているようです。 Eメールを使ったマーケティングの人気が急上昇しています。多彩なメッセージを配信して見込み客を獲得し利益を増やせると、MailChimpやEmmaのような会社がサービスを…

Loading...

定期的にコンテンツを投下することで読者を獲得し、自社のファン層を形成していくコンテンツマーケティング。継続すれば絶大な効果も期待できるだけに、注目しているという人も多いかもしれません。 しかし、コンテンツマーケティングは広告配信のような手法とは少しアプローチが異なります。そのため、費用対効果を測るのが難しく、効果を数字で表せないために上司や経営陣を説得するのに苦労している人も多いのではないでしょう…

Loading...

「検索結果からすぐにコンテンツにアクセスできないページは低く掲載される」。Googleが1月10日にスタートしたインタースティシャル広告対策は「やりすぎ」との声もありますが、ユーザーの多くには歓迎されています。マーケターはどう対応したらよいのでしょうか。 昨年、検索最大手のグーグルはデジタルマーケッターに対して、インタースティシャル広告(ページ移動時にモーダルなどで挟み込まれる広告のこと)を凍結す…

Loading...

「炎上」を恐れては大胆なデジタルマーケティングはできません。そこで大切なのが「ORM(Online Reputation Management:オンライン評判管理)」。ブランドを守り、高めるためにデジタルマーケターが実践できる方法を紹介します。 Webの本質はここ数年で大きく変化しました。Webサイトを訪れる人によって消費されるだけという、受動的なWebページの時代は終わりました。いまは能動的なイ…

Loading...

今回は動画広告市場について紹介します。 今まで動画元年と何度も言われてきたものの、なかなか肌で実感する事は少なかったと思います。ところが昨年2016年は、動画広告が広告代理店やマーケッターの人にも、実感があったのではないでしょうか。今回はどのような媒体が市場成長に繋がったか、まとめます。 動画広告市場の概況―インターネット広告市場規模推計調査より 実際に、近年でも2016年の動画広告市場規模は急成…

Loading...

「Googleアナリティクスのコード入れておいて」とマーケターに言われて作業するだけのエンジニアから、コンバージョン最適化に自ら取り組めるエンジニアへ。2017年はグロースエンジニアを目指してみませんか? Webサイトを一手に引き受けていると、開発者としての能力を脇に置いて、コンバージョンの最適化を担当させられてしまうことがあるでしょう。サイトのバックエンドが分かる人がほかにいないから仕方がないと…

Loading...