世界46カ国、3800以上のアプリに導入されているアプリの成長支援ツールで注目を集めるRepro 執行役員 楠目亮さんにインタビューしました。 国内スマホゲーム市場が成熟期に入っている昨今、アプリインストール後のアプリ内でいかに既存の顧客の維持・囲い込み・活用するかの「リテンション」が重要視されます。 そこで、アプリの分析からプッシュ通知やポップアップといったマーケティング機能を用いてアプリのグロ…

Loading...

いまなおアップデートを繰り返し、進化を続けるGoogle検索。最近のアップデートで変わった検索結果の表示について紹介します。 スマートフォンで検索。 みなさん当たり前のように使っていますよね。私もさきほど、晩御飯のおかず用のゴーヤチャンプルーの作り方をGoogleで検索したばかりです(仕事しろ)。 「Googleで検索する」転じて「ググる」という俗語が今や国語辞典にも載っているほど、ライフラインと…

Loading...

スマホ広告を始めるにあたって、まずはこのバナーサイズをつくっておけば大丈夫!というサイズを7つご紹介します。 広告媒体資料をひとつひとつ読めば必要な広告サイズは分かるのですが多岐にわたるADNW/DSP/SNS……の資料を見るのは大変ですよね。 スマホ広告を実施する際に主要な広告サイズが各メディア横断であると便利かと思いまして今回はまとめさせて頂きます。 必要なサイズの羅列だけではなく、制作する際…

Loading...

「試して面白いアプリならOK」グリコがプログラミングアプリを制作できた、上層部を納得させる手法を伺いました。 第4回目となる「コードアワード2017」においてグランプリを受賞した、江崎グリコ株式会社によるプログラミング教材『GLICODE』(以下 グリコード)。 「コードアワード2017」オフィシャルガイドブックに掲載された本編に続く「番外編」では、グリコードによって見えた「お菓子と子どもの関係性…

Loading...

「いつか現れる革新的な競合他社に打ち勝つには、自社から新しいことを始めなくてはいけません。」コードアワード2017グランプリを受賞した江崎グリコの玉井氏と電通 CDCの小池氏へのインタビューです。 第4回目となる「コードアワード2017」においてグランプリを受賞した、江崎グリコ株式会社によるプログラミング教材『GLICODE』(以下 グリコード)。 「お菓子とプログラミング」というイノベーティブな…

Loading...

老舗「ヤフオク」を猛追しているフリマアプリ「メルカリ」。スマホでの利用状況を比較してみると、ユーザー層の違いが浮き彫りになりました。 経済産業省の調査結果よりBtoC-EC市場に関するデータを取り上げました。 日本のEC市場規模がついに15兆円突破、Amazon1社の売上と並ぶ https://www.webprofessional.jp/market-research-on-e-commerce…

Loading...

単価の高い広告を優先的に配信するヘッダービディング。アドテク関係者以外には聞きなれない仕組みの概要をおさえましょう。 メディアの収益の改善が期待されるヘッダービディング(HeaderBidding)を解説します。 ヘッダービディングとは ヘッダービディング(HeaderBidding)とは、グーグルが提供しているアドサーバーのDFP(DoubleClick for Publisher)などへの広告…

Loading...

Webサイトがマーケティングの一部になったいま、Webサイトだけを解析してもビジネスには貢献できません。データ中心のマーケティングについて真剣に考える必要があります。 頭をフル回転して答えてください。あなたはマーケティング戦略の成果をどのように測定しますか? この質問に答えるのに2秒以上かかるなら、そのマーケティング戦略は計測できないメトリクスに基づいている可能性が高いです。 簡単なデータを分析し…

Loading...

10代、特に女子高生のインターネット利用実態は常に注目されています。乏しい統計データの中から、内閣府の調査を紹介します。 消費者として考えるには10代はまだ熟していませんが、未来のファン、インフルエンサーとして、広告やプロモーションのターゲットに設定されることが多いです。しかし、10代はネット調査のアンケートモニタ数が少ないためデータが取りにくく、社会に出て時間が経ってしまった私たちが推測で語るこ…

Loading...

運用広告の自動化。便利そうだけど、手動で運用している体制を変えて効果が下がることを恐れて踏み切れていないマーケティング担当者に、自動化の成功事例を紹介します。 各媒体がアップデートしている入札やターゲティングの「自動化」での経験と活用方法を紹介します。 積極的に自動化を活用しましょう! 現場担当者へ利用状況をヒアリングすると、自動化を利用していない担当者は意外と多く、「手動でとにかく細かくやること…

Loading...