次々とリリースされるJavaScriptライブラリーにフレームワーク、進化を続けるCSSモジュール……と、変化の激しいフロントエンド開発界隈。いま開発者たちに実際に使われているのはどんなツール? 開発経験は2年以上ありますか? 高度なCSSスキルとしてSassやAutoprefixerの使用も含まれていますか? JavaScriptの知識は十分にあり、Gulp、nmp、jQueryを使いこなせてい…

Loading...

もはやWeb開発プロジェクトに欠かせない存在となったGit。GitHubも便利ですが、安価なRaspberry Piでプライベートな専用Gitサーバーを作っちゃう方法を紹介します。 ※本記事は2016年4月13日に掲載した記事の翻訳を一部更新したものです。執筆時点の情報をベースにしており、最新ではない可能性があります。 プロジェクトのバージョン管理はとても役に立ちます。もしそれが個人のプロジェクト…

Loading...

IoTを体験してみたいけど、何から試したらいい? リーズナブルなRaspberry PiとIBMのBluemixを接続し、Watsonのサービスを利用して遊んでみることにしました。 ※本記事は2016年6月17日に掲載した記事の翻訳を一部更新したものです。執筆時点の情報をベースにしており、最新ではない可能性があります。 少し前のことになりますが、IBMがBluemixのトライアルユーザーにRasp…

Loading...

ビッグデータの流行によって分析ツールが注目を集めています。それらのツールのうちの1つがプログラミング言語のRです。この記事では、テキストファイル、CSVファイル、データベースからデータを抽出し、Webサーバーへ送信する方法を紹介します。 また新しい言語を習得しなければならないのかと心配していませんか? 答えはノーです。ほんの少しのコマンドだけ知っていれば大丈夫です。 なにかしらのプログラミング言語…

Loading...

MySQL 5.7では、JSONデータを「JSON型」としてネイティブで扱えます。サンプルを見ながら、基本的な使い方を確認しましょう。 ※本記事は2016年5月31日に掲載した記事を一部再編集して更新したものです。執筆時点の技術情報をベースにしています。 「SQL vs NoSQL: The Differences」で紹介したように、SQLとNoSQLの境界線は、両言語が他方の特徴を取り入れる傾向…

Loading...

今回はデータの可視化についです。データは集計して可視化することによってより分かりやすくなり、素早い意思決定に繋がります。BIツールとして有名なTableau(タブロー)を紹介します。 Tableauとは Tableauは、タブローソフトウェア社が提供する大量のデータを直感的に可視化・分析できるツールです。 日本では良品計画が「MUJI passport」のデータ解析に導入したということで話題を呼び…

Loading...

24時間365日体制の手厚いカスタマーサポートを従量課金で代行するスタートアップ企業「Influx」。一見すると地味な事業でありながら、世界的な成功を収めつつある同社の秘密とは? カスタマーサポートの世界で生き残っていくためには、ずぶとさが求められます。カスタマーは、電話、Eメール、SNSの投稿、チャットなどいろいろなツールを使ってサポートを求めてきます。 これだけのツールからのサポート要求にすべ…

Loading...

昨今の話題と言えば「動画」です。生活者はインターネット上の動画とどのように関わっているのでしょうか。さまざまな調査データでは、以下のようなことが言われています。 スマートフォンでの動画視聴(率や時間)が伸びている。特に若年層でその傾向が強い。 実際のところどうなのでしょうか。今回は「若年層」の代表(?)女子高生を例に、実際に渋谷にいた女子高生に「スマートフォンでの動画視聴」についてインタビューをし…

Loading...

ついに、Instagram ストーリーのライブ動画機能の日本上陸が発表されました(『インスタグラム ストーリーズのライブ動画が日本でも利用可能に』)。 早速使ってみましたが、日本では先行して普及しているLINE LIVEなどのライブ配信動画とUIが非常に似ていました。日本におけるライブ配信動画のプラットホームがどう変わるのか注目です。 20代の筆者は、テレビよりもスマホで動画を視聴することが多く、…

Loading...

2017年のWebはどう変わる? Web開発者歴20年を超えるコンサルタント/テクノロジーライターであるCraigが、2016年を振り返りながら予測します。 ここ何年かの間、私はその年の予測を立てています。外れることも多いのですが、今年も発表しましょう。 2016年の結果を振り返る 2015年に私が立てた10の予測で、あたったのは3.5でした。では2016年の予測はどうだったでしょうか。結果を振り…

Loading...