オウンドメディア運営に絶対必要な「エバーグリーンコンテンツ」とは?

2016/09/08

Greg Snow-Wasserman

8

Articles in this issue reproduced from SitePoint
Copyright © 2016, All rights reserved. SitePoint Pty Ltd. www.sitepoint.com. Translation copyright © 2016, KADOKAWA CorporationJapanese syndication rights arranged with SitePoint Pty Ltd, Collingwood, Victoria,Australia through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo

コンテンツを作るだけがオウンドメディア運営ではありません。更新してしっかりメンテナンスしていくことも大事なのです。

近頃は、Webサイトで公開されるコンテンツで、できることが非常に多くなってきました。もっとも重要かつ有益なコンテンツのひとつにエバーグリーンコンテンツがあります。規模、業種、目標コンバージョンに関わらず、あらゆるビジネスのWebサイトに必要なものです。本記事では、エバーグリーンコンテンツの定義、作成法、そしてビジネスにどのような利益をもたらすか取り上げます。

エバーグリーンコンテンツとは?

「エバーグリーン」という名前から思い浮かぶとおり、エバーグリーンコンテンツは維持費がほぼかからず、長期(業種によりますが、およそ数年間)にわたり適切かつ有用に継続できます。読者にとって常に価値あるものとして、ほかのコンテンツの参照元にできます。では、エバーグリーンコンテンツの特徴をみていきます。

普遍
読者にとっての有用性が、時間をかけて証明されています。リンクや画像の更新などが必要なく、時間を節約できます
品質
当然ながら常に質の高いコンテンツを生みだすことが目標ですが、エバーグリーンコンテンツはよくある記事やブログ投稿とは異なります。エバーグリーンなコンテンツによる利益を最大化するには、調べ、書き、設計することに注力する必要があります。記事の公開当初に相当数の閲覧(およびリンク)を引きつけるだけの十分な魅力がない場合、エバーグリーンになることはありません
価値
通常、エバーグリーンコンテンツは扱うテーマでもっとも重要な情報となります。読者が最初に見る場所に、扱うテーマについて読者が一番知りたい情報を配置します。理想は読者がシェアする気持ちになるような価値のあるコンテンツを提供することです。WooRankのSEOガイドのような特定のテーマについて掘り下げた詳細な記事が一例です

ハウツーものは、人気のあるエバーグリーンタイプのコンテンツの1つです。人びとは常になにかをする方法を探しており、こうした人びとに価値を提供できるとエバーグリーンなコンテンツになります。コンテンツは新しい閲覧者をコンスタントに呼び込み、新規読者に自分がやっていることを紹介します。そのほかの人気のエバーグリーンコンテンツを紹介します。

インタビュー
業界の専門家のインタビューを公開することは、新規読者を引きつける素晴らしい方法です。有名人の名前があるとそのWebサイトは権威があるように見えます
ユーザーガイド
新しいスマホの特定の機能を使う方法を学ぶなど、ユーザーの特定の目標達成を助けるコンテンツです。新しいバージョンがリリースされてもわずかな変更で簡単にコンテンツを更新できるだけなく、プロダクトの全面的見直しであれば新しいコンテンツを公開する機会を得られます
カスタマーレビュー
ビジネスの種類によっては、商品が良いという証明(テスティモニアル)としても機能します。買い物客に大変な人気です。買い物客の61%は、製品を購入する前にカスタマーレビューを探します。レビューは常に製品と関連しているため、高い維持力を持っており、潜在的顧客はレビュアーをさらに信頼します。否定的なレビューについてはあまり心配する必要はありません。2つ以上の否定的なレビューがあっても、訪問者の信頼向上に役立ち、ほとんどの買い物客は抑止されません
キュレートされたリスト
ツール、ニュース、技術、またはほかのリソースの完成したリストは、エバーグリーンとなる大きな可能性があります。良い例は、無料のキーワード調査ツールWooRankのブログです。SEOは常にキーワードを調査する必要があるため、コンテンツ製作者は常に無料キーワード調査ツールを求めています。キーワード調査プロセスのあらゆる段階で必要性を満たすいくつかの異なるツールのリストは読者に有用です

エバーグリーンコンテンツに変える方法

エバーグリーンコンテンツ作成の最初のステップは、分析をチェックすることです。ページをページビュー(あるいは分析に使用するプラットホームに応じて、クリック数など)の大きい順に並べ替えます。トラフィックを取得していないコンテンツはエバーグリーンではないので上位の結果だけを見ます。ニュース記事、新機能のリリース、特定のイベントなど特定のタイミングに依存するページを除外します。人びとがコンテンツを見つけるために使うキーワードを調べ、可能であればターゲット読者が気になるランキングになりうるコンテンツを選びます。

記事を選んだら、いまも関連性があるかどうか確認するために少し見直します。最新の状態にするため大部分を書き換えなければならない場合、別の記事に取り掛かることを検討します。手がかかるものであっては真のエバーグリーンコンテンツとは呼べません。

名前、特徴、およびリンクが最新の状態であることを必ず確認します。製品のメーカーやサービスプロバイダーは、店名や開店および閉店情報を更新しているので確認してください
統計
消費者行動や市場動向は変化するので、使用する統計がひどく古くなっていないか確認してください。必ずしも最新の数字である必要はありませんが、それでもフォローする必要があります
リンク
使用しているリンクが切れていないことを確認してください。検索エンジンは、リダイレクトをしないコンテンツをより好みます
CTA(Calls To Action)
Webサイトの役割は、読者をコンバートすることです。正しい用語またはブランディングでユーザーを正しい場所に誘導できているかを確認します。最高ランクのコンテンツからメール登録ページに遷移させようとして、404ページに送ってしまうなどは悪夢のシナリオです

コンテンツを更新するときは、同時に検索エンジン用にページを最適化します。毎日あるいは週に数回、コンテンツを頻繁に公開する場合は、1つ1つの投稿の最適化はしなくてよいでしょう。エバーグリーンコンテンツには特別な配慮が必要です。まだの場合は、読者をターゲット化する最適なキーワードを見つけるために、記事のトピックのキーワードを調査します。エバーグリーンページにどのキーワードを最適化するか、ターゲットとする関連キーワードはなにかを、慎重に検討します。

エバーグリーンコンテンツはなにをしてくれるか

リンクベイト

担当業務の一部として「SEO」が入っている人なら、リンクプロファイル構築にかなりの時間を費やすことになります。被リンクはGoogleの検索アルゴリズムの中でもっとも重要なランキングシグナルの1つで、読者のWebサイトに対する信頼と承認の量を示します。SEOのもっとも難しい部分ですが、エバーグリーンコンテンツを非常に強力にするものでもあります。

正しく進めれば、エバーグリーンコンテンツは自然とリンクされるコンテンツになります。記事の質が高く、価値があれば、読者は自然にソーシャルメディアで共有したいと考えます。高品質で価値の高いエバーグリーンコンテンツを作成することで、リンクプロファイルを強化できます。

  • 価値のあるコンテンツは多くの人からリンクされます。コンテンツがエバーグリーンな状態となるには、明確かつ詳細である必要があります。つまり、ほかの人がコンテンツを書くときにリソースとして見るコンテンツになります。扱っているテーマの権威としてコンテンツが確立すると、多数のリンクを獲得できます
  • 質の高いコンテンツは質の高いドメインからリンクされます。もちろん、権威の高いドメインから大量のリンクがあるリンクプロファイルがあれば理想的ですが、量より質が大切だということも覚えておいてください
  • 適切なリンクを獲得します。Googleのペンギンアップデートを回避するため、被リンクの多くは正しいアンカーテキストで作られています。エバーグリーンコンテンツであればキーワードの完全一致、キーワードのフレーズ、ブランドのついたキーワード、一般的なアンカーテキストなどのさまざまな方法でリンクされるので、多様で強力なリンクプロファイルを構築します
  • 被リンクされるペースを維持します。自然リンクプロファイルを維持するためには、自然に被リンクされるスピードも重要です。エバーグリーンコンテンツであれば、自分自身の手間はあまりかけなくても安定したペースで被リンクが追加されていきます。
  • ネガティブSEOから保護されます。競争相手のページランクを落とすようにスパムリンクを貼っていくという行為(ネガティブSEO)がペンギンアップデート以降増えています。実際にこのような行為への懸念からGoogleとBingはリンク否認ツールを導入しました。エバーグリーンコンテンツであれば、権威のある信頼されたドメインからのリンクを多く集められるので、悪意あるスパムリンクが貼られてもそれらの効力を弱められます

オンページSEO

質の良い自然なリンク構築に加え、エバーグリーンコンテンツはオンページSEOも促進します。長期にわたり読者にとって詳細で有益な情報のコンテンツを作成することは、自分のWebページに以下のようなさまざまな恩恵をもたらします。

  • 記事上でキーワードを自然に使えるようになります。これはパンダアップデート後にとても重要となります。キーワードが飽和した短いコンテンツは、Googleにとってはスパムのように見えます。エバーグリーンコンテンツであれば1000~2000語の記事を書くことになるので、記事全体にキーワードを自然にちりばめられます
  • 潜在的意味キーワードが自動的に表示されます。検索エンジンは、正確に一致するキーワードだけでなく、その周囲の言葉も見ます。たとえば、前後関係に造園やクリスマスツリーのない「エバーグリーンコンテンツマーケティング」を探している人に、このページを見せるのに役立ちます
  • Googleにとって重要なランキング要因である直帰率を下げます。読者がページにしばらくの間とどまりほかのページに遷移する場合、検索エンジンはそのキーワードに対し、検索者のニーズを満たしていると判断します。これはランキングを押し上げ、多くのトラフィックをもたらします
  • 検索エンジンは内容の薄いページを好まない一方で、詳しいコンテンツへは良い評価を下します。実際に、Googleの検索結果の上位10ページは2000語程度が平均です。詳しく長いコンテンツを書くことでサイトが扱うトピックの関連性を強化できます。これはGoogleのハミングバードアルゴリズムが重要とみなすものです

エバーグリーンコンテンツの耐久力

エバーグリーンコンテンツがどのようにして価値を維持し、長期に渡って関連性を保つか、そしてトラフィックの良い一貫性のある情報を表示し続けるかについて、多くのポイントを説明しました。これは素晴らしいことです。しかし、エバーグリーンコンテンツの耐久力は、それだけではありません。サイトのほかのページや、将来のコンテンツの改善に活用できます。

  • コンテンツの形式に応じて別の形式に変換できます。ハウツーガイド、チェックリスト、あるいはユーザーガイドがあるなら、情報を画像、さらにはビデオに変換します。サイト上で公開したり、ソーシャルメディア上で自分自身の宣伝に使用します。ゲストとしてブログ投稿をする機会に公開もできます
  • エバーグリーンコンテンツが集めたリンクジュースと権威は、サイト全体を強化しますが、内部リンクを介してほかの重要なページも強化できます。読者と築いた信頼性も(うまくいけば)コンテンツ強化につながるでしょう。読者は業界の情報源として認識し始めるようになります
  • 独自の統計および/または質的調査を実施した情報であれば、今後のブログ投稿や記事で引用できます。情報を最新に保つ限り、今後の調査時間を節約できます
  • ほかの記事でコンテンツを再利用します。たとえば今後、コンテンツマーケティングをトピックとした包括的なガイドを書く場合、間違いなくエバーグリーンコンテンツガイドをセクションに含みます。まったく新しいコンテンツを作る必要はありませんが、重複したコンテンツを避けるために、適切な引用とソース記事へのリンクを確認してください

最後に

ビジネスのためにコンテンツマーケティングをしている場合は、すべてのブログ投稿や記事をエバーグリーンコンテンツに変換することはできません。また、定期的に週に複数回の投稿をする場合は、すべてのコンテンツがうまくいくことを期待することはふさわしくありません。しかし、もっとも成功している記事を見つけ出してそれに少し磨きを加えることは重要です。記事を信頼できるものとして確立できれば、特定分野または業界での注目度が向上し、SEOの効果を高められるでしょう。

※本記事はWooRankのSEOシリーズの1つです。SitePointでの記事公開に協力してくれたパートナーへのサポートに感謝します。

(原文:Grow Your SEO with Evergreen Content

[翻訳:柴田理恵/編集:Livit

Copyright © 2016, Greg Snow-Wasserman All Rights Reserved.

Greg Snow-Wasserman

Greg Snow-Wasserman

WooRankのコンテンツマネージャー(Content Maestro)を務めています。またレポーター、マーケットリサーチャー、デジタルマーケターとして7年以上の経験があります。

Loading...