コンセプトダイアグラムで企業が望むユーザーの行動・気持ちの変化を描いたら、その行動を取ってもらうためにどんな取り組み(施策・機能・コンテンツ)が必要なのか、ユーザーとの関わり方を図解していきます。 各ステップで伝えるべきことを洗い出す 顧客の流れを基に、各ステップでユーザーに伝えるべきことを洗い出します。例として、前回作成した地ビールメーカー「サンクトガーレン」のコンセプトダイアグラムをもう一

メンバー登録してください

いつもWPJのご利用ありがとうございます。

この記事は、読める記事数の上限に達したか、プレミアムメンバー限定のため、お読みいただけません。フリーメンバーに登録すると読める記事数を増やせます。

プレミアムメンバーの購読は現在、休止しております。新サービス開始まで少々お待ちください。

メンバーの方はこちらからログイン

清水 誠

清水 誠

Webビジネス歴21年。凸版印刷、Scient、SapientにてUXの分野を開拓。楽天でWebアナリティクスを全社展開。2011年に渡米し、米国AdobeにてAnalytics製品(旧SiteCatalyst)の企画・開発・啓蒙に携わる。2014年に帰国し、電通アイソバーのCAOに就任。 インテリジェンス ビジネスソリューションズ戦略顧問。一般社団法人 ウェブ解析士協会 顧問。サンクトガーレンCMO。2008年文部科学省アドバイザー委員。2014年Web人賞受賞。

このLESSONは、次の書籍を再構成したものです。
[清水式]ビジュアルWeb解析

書籍で読む

Loading...