コンセプトダイアグラムの目的は、改善のアクションにつなげること。作っただけで満足しないために、Web解析の要件定義に落とし込みましょう。 ユーザーの行動を指標で把握しよう 作成したコンセプトダイアグラムに沿って実際のサイトや施策を評価できるように、計測する指標とデータの取得方法を検討します。前回作成した、地ビールメーカー「サンクトガーレン」のコンセプトダイアグラムを例に挙げてみましょう。 コンセプ

メンバー登録してください

いつもWPJのご利用ありがとうございます。

この記事は、読める記事数の上限に達したか、プレミアムメンバー限定のため、お読みいただけません。フリーメンバーに登録すると読める記事数を増やせます。

プレミアムメンバーの購読は現在、休止しております。新サービス開始まで少々お待ちください。

メンバーの方はこちらからログイン

清水 誠

清水 誠

Webビジネス歴21年。凸版印刷、Scient、SapientにてUXの分野を開拓。楽天でWebアナリティクスを全社展開。2011年に渡米し、米国AdobeにてAnalytics製品(旧SiteCatalyst)の企画・開発・啓蒙に携わる。2014年に帰国し、電通アイソバーのCAOに就任。 インテリジェンス ビジネスソリューションズ戦略顧問。一般社団法人 ウェブ解析士協会 顧問。サンクトガーレンCMO。2008年文部科学省アドバイザー委員。2014年Web人賞受賞。

このLESSONは、次の書籍を再構成したものです。
[清水式]ビジュアルWeb解析

書籍で読む

Loading...