第2回はいよいよ、架空のiPhoneアプリを例に、実際にUIをデザインしていきます。お題は、現在の空模様の写真を撮影し、位置情報とコメントとともにシェアする「お天気投稿アプリ」です。 お天気投稿アプリは、以下のワイヤーフレームのような画面で構成されています。 このうち、今回は3つ目の「投稿画面」について、ディレクターが用意したワイヤーフレームをもとにPhotoshopでデザインを作成します。 1.

メンバー登録してください

いつもWPJのご利用ありがとうございます。

この記事は、読める記事数の上限に達したか、プレミアムメンバー限定のため、お読みいただけません。フリーメンバーに登録すると読める記事数を増やせます。

プレミアムメンバーの購読は現在、休止しております。新サービス開始まで少々お待ちください。

メンバーの方はこちらからログイン

ハマダナヲミ

ハマダナヲミ

ハマダナヲミ/コードをほとんど書かないフリーランスデザイナー。Webやアプリなどオンスクリーン媒体のデザインを主に行う。文字を肴に飲むというゆるいイベント「文字飲み」を東京と福岡中心に不定期に開催。共著書「神速Photoshop (グラフィックデザイン編/アスキー・メディアワークス刊)」改訂版発売中。Adobe Creative Station内連載「もっと楽しく!Photoshop活用でデザインの表現力UP」。

Loading...