ここまでに作ったHTMLメールのテンプレートに、ヘッダー、コンテンツ、フッターの各情報ブロックを挿入します。 情報ブロックをtable要素で挿入する 横幅580pxで固定したtable要素のtd要素の中(<!-- ここにコンテンツを入れていきます -->部分)に、完成イメージのように、 ロゴが入るヘッダー領域 バナー画像や本文のテキストが含まれるコンテンツ領域 ただし書きやコピーライト

メンバー登録してください

いつもWPJのご利用ありがとうございます。

この記事は、読める記事数の上限に達したか、プレミアムメンバー限定のため、お読みいただけません。フリーメンバーに登録すると読める記事数を増やせます。

プレミアムメンバーの購読は現在、休止しております。新サービス開始まで少々お待ちください。

メンバーの方はこちらからログイン

こもりまさあき

こもりまさあき

1972年生まれ。1990年代前半に都内のDTP系デザイン会社にて、入出力業務、デザイン業務、ネットワーク関連業務に並行して従事。2001年会社を退職後フリーランス。案件ごとに業務内容などが異なるため、職域的な肩書きはなし。「プロとして恥ずかしくない 新・WEBデザインの大原則(MdN刊)」監修ほか、「レスポンシブEメールデザイン マルチデバイス時代の魅せるメルマガの作り方(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス刊)」をはじめ執筆多数。
HTML5Experts(http://html5experts.jp/)エキスパートNo.20

このLESSONは、次の書籍を再構成したものです。
レスポンシブEメールデザイン マルチデバイス時代の魅せるメルマガの作り方 (こもりまさあき著、KADOKAWA刊)

書籍で読む

Loading...