第2回〜4回にかけてSketchの基本機能・操作について学びました。第5回では実際にアプリのUIの作成を通して、実務で使えるSketchのノウハウをご紹介します。 お題はWPJのアプリ 今回はこのWPJのビューアーアプリを作成するというお題で進めます。本来であればデザインに入る前に「なぜアプリを作らなければならないのか」「アプリでしか提供できない価値は何か」といったことを考えるべきですが、今回はそ

メンバー登録してください

いつもWPJのご利用ありがとうございます。

この記事は、読める記事数の上限に達したか、プレミアムメンバー限定のため、お読みいただけません。フリーメンバーに登録すると読める記事数を増やせます。

プレミアムメンバーの購読は現在、休止しております。新サービス開始まで少々お待ちください。

メンバーの方はこちらからログイン

吉竹 遼

吉竹 遼

2011年からフェンリル株式会社にてiOS/Android/Windowsストアアプリの企画・UIデザインに従事。2014年10月よりStandardへ参画。多くのプロジェクトを手掛けた経験を活かし、ユーザーと情報が正しく繋がるインターフェイス、心地よさを感じられるデザインを提供する。 趣味はカメラと写真撮影。最近よく読む書籍の分野は組織論やチームビルディング、SFなど。好きな漫画作家は石黒正数、藤田和日郎、Ark Performanceなど。よりぶろよりフォト

Loading...