前回に続き、統計学で使う代表値を解説します。今回は、標準化で集団のなかの相対的位置を把握し、比較する方法を解説します。 標準化 「偏差値」は誰もが聞いたことがあるでしょう。日本ではあらゆるテストの評価基準に偏差値を使います。受験生時代には偏差値の推移に一喜一憂した経験があるでしょう。偏差値に嫌な思い出を持っている人も多いかもしれませんが、統計学には重要な指標なのです。 統計学では偏差値を求める過程

メンバー登録してください

いつもWPJのご利用ありがとうございます。

この記事は、読める記事数の上限に達したか、プレミアムメンバー限定のため、お読みいただけません。フリーメンバーに登録すると読める記事数を増やせます。

プレミアムメンバーの購読は現在、休止しております。新サービス開始まで少々お待ちください。

メンバーの方はこちらからログイン

瀬下大輔

瀬下大輔

東京大学大学院教育学研究科卒業 教育学修士(数学教育)。大学院を卒業後、社会人のための数学教室「すうがくぶんか」を設立。よみうりカルチャースクール講師、ウェブ解析士協会主催「ウェブ解析と統計」講師。その他、法人向け数学・統計学研修/統計分析コンサルタントなど実績多数。

Loading...