マック、ユニクロ、セブン…キーワード分析でわかった意外な人気アプリとは?

2016/10/11

D2Cスマイル

FREE
38

今回は「アプリ」と「検索」にまつわるお話です。

「アプリ」「検索」―この2語から何を想像しますか?

「アプリ」を「検索」するというと、Google Play StoreやApple App Store内での検索を思い浮かべる方が多いかもしれません。「そもそも、アプリってGoogle Play StoreやApple App Storeで検索するものじゃないの?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

今回取り上げたいのは、ストア内検索ではなく「Web検索からのアプリ検索」についてです。実は意外と侮れないそのニーズと、実際のユーザーの検索傾向について、D2Cの調査データや、D2C広告掲載面である「dメニュー」の検索データなどを用いて解説していきます。

スマホのWeb検索における「アプリが欲しい」ニーズ

世の中では日々、膨大な数のキーワード検索がなされています。その中でもスマートフォン経由の検索数は、昨年PC経由検索数を超え、Googleがモバイルファーストに沿ったUIアップデートを発表するなど、検索の主戦場はすでにスマホに移行した感があります。

PC検索と比較して、スマホ検索で特徴的なのは、アプリ検索のニーズです。Google・Yahoo!はもちろんNTTドコモの「dメニュー」でも、Web検索結果内に(キーワードに応じて発動する)アプリ検索に特化した領域が挿入されています。「検索→ストアに遷移→ダウンロード」という一連の流れを検索結果UIで提供し、スマートフォンのWeb検索ニーズ内にあるアプリ検索のニーズに対応しています。

160927_01

図1:各Web検索結果上でのアプリ検索結果

続いて、実際のユーザーニーズを示すデータを2つご紹介します。

1つ目は、アプリ開発者向けにASOツールを提供する米・SearchmanとD2Cの共同調査によるデータで、アプリストア(Google Play Store/Apple App Store) のオートコンプリート(検索窓のサジェスト)に表示されるキーワード群と、D2C広告掲載面である「dメニュー」検索で発生した検索クエリ群(上位群を抜粋)の重複を示したものです。アプリストアでサジェストされるワード群は、アプリ検索ニーズのあるキーワードの集合体であるわけですが、「dメニュー」検索全体の約2~3割のキーワードが、それらと重複することがわかりました。

具体的には、

  • 「ユニークキーワード数ベース」で約30%
  • 「検索回数ベース」で約20%

であり、軸をどちらで見るかによって割合は上下しますが、ユーザーをアプリのダウンロードに導く可能性のあるキーワード群は、数多ある検索キーワードの中でも一定の割合を占めているといえます。

160927_02

図2:Web検索キーワードとアプリストアでの検索キーワードの重複率

また、「dメニュー」検索利用者を対象とした最新のD2Cの調査では、「dメニュー」での検索をきっかけとした行動経験として「アプリのダウンロード」が最も多い、という結果が出ています。ワード群としてのボリューム感に加え、実際のユーザー動態としても、スマホでの検索はアプリのダウンロードに結びつきやすい、ということがわかります。

160927_03

図3:dメニュー検索起因での行動

アプリに関する検索傾向を覗いてみよう

続いて、Web検索で実際どのようなアプリニーズが検索さているのかを見てみましょう。今回は、2つの視点での検索傾向を見たいと思います。

  1. 「アプリ」を含むキーワード検索
    検索キーワードにずばり「アプリ」が含まれているもの。「明確なアプリが欲しいわけではないが、何らかのアプリは欲しい」ニーズを示している…、のでしょうか?
  2. 具体的なアプリ名でのキーワード検索
    既に目的のアプリが定まっている状態の検索キーワード。「モンスト」などのゲームタイトルをイメージしていただければわかりやすいかと思います。

「スシロー」⇔「スシロー アプリ」に見る「アプリ特有のニーズ」

「アプリ」を含むキーワード検索の傾向から見ます。ずばり「アプリ」というキーワードは、どんなワードと一緒に検索されているのでしょうか。2016年8月の実績から上位ワードを覗いてみると、以下の傾向に分類できます。

160927_04

表1:語幹「アプリ」との掛け合わせ頻出キーワード

仮説として挙げた「明確なアプリが欲しいわけではない」ニーズを超えて、「固有名詞+アプリ」という検索ニーズが幅広く存在していることがわかりました。特に、Webサービスと同時展開している「ヤフー」「アマゾン」「ユーチューブ」のようなワードや、実店舗を示す「スシロー」「ユニクロ」などのワードとの掛け合わせは、よりピンポイントに『「このサービス」の「アプリ」を使いたい』という明確なユーザーニーズを表しています。

160927_05

図4:「実店舗名単体」と「実店舗名+アプリ」の検索数比較

「実店舗名+アプリ」の検索ボリュームは、いかに店舗(企業)側がユーザーニーズを汲んだアプリを提供できているか、を示しています。

例えば前述した「スシロー」と「アプリ」の掛け合わせキーワードは、単体ワードと比較して約13%の検索ボリュームとなっています。これは、他の実店舗キーワード群と比較すると高い数値です。店舗で順番待ちをせずに予約ができるなど、顧客に寄り添ったアプリ利用特有のニーズを生み出していることが検索傾向からも読み取れます。他にも、お得度の高いクーポン配信をしている「丸亀製麺」や「ガスト」のアプリが同等の割合でアプリ志向の検索を生んでいます。

160927_06

図5:「用途名単体」と「用途名+アプリ」の検索数比較

表1:B.のアプリの用途・カテゴリを表すワードとの掛け合わせでは、「カメラ」「写真加工」「家計簿」などのキーワードでは「アプリ」との掛け合わせが単体での検索をしのぐボリュームである一方、以前よりWebベースのサービスが普及している「天気予報」「乗り換え案内」などは、アプリ特化のニーズが比較的薄いようです。前述のワード群は「アプリ」での利用イメージが明確になっているからかもしれません。

Pokemon GOがモンストのユーザーを奪った?

続いて、具体的なアプリ名でのキーワード検索についてです。昨今の人気ゲームタイトル(ここでは私の独断と偏見で、「モンスターストライク」「パズル&ドラゴンズ」「Pokemon GO」「白猫プロジェクト」をピックアップします)の検索数推移と、各タイトル名と一緒に検索されているキーワード群を見ていきます。

160927_07

図6:主要ゲームタイトルの検索推移(2016年5月~8月)

検索数の推移から、やはり2016年一番の大事件は、「Pokemon GO」の配信開始だったと言えるでしょう。もともと「ポケモン」というコンテンツ自体には一定の検索ボリュームがあったものの、「Pokemon GO」配信開始前からの各メディアなどでの報道も手伝い、7月の1か月で急速に検索数を伸ばし、他タイトルを抜き去りました。「Pokemon GO」の登場まで、ゲームタイトルの検索数では「モンスト」が長らく首位を保ってきましたが、「Pokemon GO」の配信開始以降は検索数に落ち込みが見られ、8月の実績では「ポケモン」と「モンスト」が検索数としてはほぼ横並び、という状況になっています。あくまで検索数上の推移でしかありませんが、「Pokemon GO」の登場により、これまで「モンスト」をプレイしていたユーザーが一部離反した可能性も考えられます。

ポケモン、LINEに残る「ユーザーの伸びしろ」

続いて、掛け合わせキーワードの傾向です。上記のゲームタイトルに加え、「LINE」や「メルカリ」などの非ゲームアプリについても言及します。それぞれ、どんなキーワードと一緒に検索されているのでしょうか。

160927_08

表2:語幹「アプリタイトル」との掛け合わせ頻出キーワード

既に多くのプレイヤーがついている「モンスト」と登場したばかりの「Pokemon GO」を比較すると、前者は攻略やイベント情報の取得ニーズが数多く検索されており、キーワードのバリエーションも多数発生しています。一方後者で目立つのは「ダウンロード」というそもそもアプリを入手していないユーザーのニーズや「遊び方」などの初心者のニーズからの検索です。国内ではすでに息切れ感も伝えられている「Pokemon GO」ですが、dメニュー検索ユーザーにおいては、まだまだプレイヤー増の伸びしろがありそうです。

「ダウンロード」というキーワードは、「LINE」との組み合わせでも頻出しています。すでに国内で6800万人が利用(資料PDFダウンロード)しており、生活インフラとして定着した感のあるLINEでも、ユーザーの検索ニーズが少なからず存在しているのには驚きです。

「LINE」や「メルカリ」など非ゲームの実用系アプリでは、サービスの使い方にフォーカスした検索が発生しているのも特徴的です。ことLINEは、利用数が多いこともあり、使い方に関する掛け合わせ検索(引き継ぎ、ブロック等)がバリエーション豊富に発生しています。

まとめ

では実際に、アプリプロモーションにWeb検索をどのように生かしていけばよいのでしょうか。もっとも簡単なのは、Google Adwordsやユニバーサルアプリキャンペーン、Yahoo!スポンサードサーチのアプリ用キャンペーンを利用することでしょう。これらの商品を利用することにより、主要な検索ポータルでのキーワード検索に対してアプローチが可能になります。(D2Cでもアプリ訴求に特化したプロダクトを準備中ですが、そのご案内はまた次の機会に…!)

今回は、Web検索の中にあるアプリを求める検索ニーズについて、いくつかの切り口で分析をしてきました。長々と話しましたが、今日伝えたいことは一つだけです。

アプリ検索のニーズはストア内検索のみにあらず!

この記事が、アプリプロモーションに携わる人に少しでもお役に立てれば幸いです。

(記事提供:D2Cスマイル

<a href='https://www.webprofessional.jp/tag/d2c-smile/'>D2Cスマイル</a>

D2Cスマイル

株式会社D2Cが運営するデジタルマーケティングの総合オピニオンサイト。D2C社員がそれぞれの専門分野における知見をブログ形式で発信することで、トレンドシフトのはやいデジタルマーケティングの今を集約し、マーケティングに関わるすべての方々に有益な情報をお届けします。

Loading...