Webサイトの高速化といえば、フロントエンドやバックエンドのテクニカルな改善の話になりがちですが、「体感速度」の視点で考えると、UXデザイナーにもできることがあります。 もしWebデザインの「最優先事項」がUXだったら、「スピード」が一番重要ではないでしょうか。ユーザーは素早く操作していて、ロードもすぐに終わることを期待しています。私たちはミリ秒単位の世界に身を置いているのです。 しかし、おもしろ…

Copyright © 2016, Claudia Elliott All Rights Reserved.

Claudia Elliott

Claudia Elliott

シカゴのデジタルエージェンシーに所属するWebコンサルタント兼コンテンツのスペシャリストとして活動しています。クライアントワークがないときは、WebデザインやUX、ネットマーケティングについての最新情報をブログに書いて楽しんでいます。

Loading...

待ち時間のストレスを軽減させる方法といえば、プログレスバーやスピナーが定番。最近は「スケルトンスクリーン」という手法も増えているようです。 いかに優れたデザインのユーザーインターフェイスであっても、UI(画面)が読み込まれるまでには待ち時間が必ず生じます。 MITが2014年に実施した調査によると、人は個別の画像をわずか13ミリ秒で認知できるものの、どこに着目すべきかを決定するまでには100〜14…

Copyright © 2016, Chris Lienert All Rights Reserved.

Chris Lienert

Chris Lienert

Netscapeが世界を席巻していたころからのWeb開発者で、現在は保険ブローカーJLTのシニアコンサルタントです。必要にせまられコミュニティグループであるSingapore CSSを設立。趣味は音楽鑑賞と航空マイルを貯めること。妻のSarahと子どもと共に過ごす時間を大切にしています。

Loading...