Web制作者が最低限押さえておきたいWordPress 4.6新機能まとめ

2016/08/31

Chris Burgess

1

Articles in this issue reproduced from SitePoint
Copyright © 2016, All rights reserved. SitePoint Pty Ltd. www.sitepoint.com. Translation copyright © 2016, KADOKAWA ASCII Research Laboratories, Inc. Japanese syndication rights arranged with SitePoint Pty Ltd, Collingwood, Victoria,Australia through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo

新機能のポイントだけ、サクッと押さえておきましょう。

先日、WordPress 4.6がリリースされました。新バージョンのリリースは、前回のWordPress 4.5から約4か月ぶりになります。著名なジャズサクソフォーン奏者のPark Frederick “Pepper” Adams 3世にちなんで「ペッパー」と名付けられました。

今回のWordPress 4.6の開発ではDominik Schillingが指揮を取り、Garth Mortensenを含め272人が参加しています。また翻訳者コミュニティの助けもあって、52言語に翻訳されました。

この記事では、新バージョンの概要とサイト更新時に役立つ機能を紹介します。

What's New in WordPress 4.6 Pepper

アップデートの前には必ずバックアップを

アップデートする前には、必ずバックアップ(データベース、ファイル含め)を実行してください。バックアップにはAmit Diwanの「great comparison of the best WordPress backup plugins」が役に立つでしょう。

また、使用しているテーマやプラグインがWordPress 4.6に対応しているか、忘れずにチェックしてください。

もし可能なら、ステージング環境やテスト環境で、あらかじめバージョンアップを試すことをお勧めします。

WordPress 4.6 Update

もし問題が発生したら、基本的なトラブルシュートを実行してみてください。トラブルシュートには、Charles Costaの「some tips around common WordPress issues」が参考になります。WordPressの公式サポートフォーラム「WordPress support forum」も忘れずに活用してください。投稿されている内容を確認しても良いですし、質問すればすぐに役に立つ回答が返ってくるでしょう。

ストリーミングアップデート

テーマやプラグインの新規追加や削除、アップデート時に、ページ遷移せずに完了できます。ストリーミングアップデートによって、アップデート作業がとても簡単になりました。AJAXを使うことですべての処理を任意のページ内で処理できるので、とても便利です。

WordPress 4.6 Shiny Updates

ストリーミングアップデートはプラグインの更新だけでなく、テーマにも適用されます。

WordPress 4.6 Installing Themes

ネイティブフォント対応

WordPressの管理画面上でOSのネイティブフォントが使用できるようになりました。小さな変更ではありますが、使い慣れたフォントで操作できるのでパフォーマンスは上がるでしょう。

リンク切れの自動検知

リンク切れはユーザーエクスペリエンスにもSEOにも悪い影響を与えます。今回のアップデートでリンク切れを自動的に検知してくれるようになりました。

Inline Link Checker

自動保存機能

WordPress 4.6ではコンテンツの保存が簡単になりました。

WordPressにはもともと自動保存機能がありましたが、今回のアップデートでブラウザーを活用し、15秒ごとに自動保存してくれるようになりました。

開発者向けのアップデート

開発者向けのアップデートは以下になります。

  • リソースヒントへの対応
  • HTTPリクエストにRequests PHPを使用
  • さまざまなJavaScriptライブラリーのアップデート
  • マルチサイトのパフォーマンス改善
  • 言語ファイルの利用改善
  • カスタマイザーでのバリデーション通知
  • 新規WP_Term_Query 、WP_Post_Typeクラスの追加
  • 新規メタ登録APIの追加

開発者向け新機能については、近々詳しく解説していく予定なので、ご期待ください。

最後に

WordPress 4.6のリリースノート(Codex release notes)で、より詳細なアップデート内容を確認できます。

(原文:What’s New in WordPress 4.6

[翻訳:萩原伸悟]
[編集:Livit

Copyright © 2016, Chris Burgess All Rights Reserved.

Chris Burgess

Chris Burgess

昔からずっとオタクで(認めざるを得ません!)、20年以上IT業界に携わっています。デジタルエージェンシー会社のClickifyを共同創立し、開発者とマーケティング責任者と最高のチームで仕事をしていて、SitePointのWordPress編集者でもあります。情報に敏感で最新のWebテクノロジーを熱心に追い続け、オーストラリア・メルボルンで開催される多くのテック系イベントに参加しています。詳細は、Webサイトchrisburgess.com.auで。

Loading...